亀有駅すぐ亀有リリオ館6階「だんのうえ眼科 亀有院」

サイトマップ法人概要

だんのうえ眼科 亀有院

ご予約・お問合せはこちら

ICL近視矯正

※ICLの手術は、当法人理事長 檀之上和彦が手術を行います。
 お気軽にご相談ください。

屈折矯正

日本人の多くの方は「近視」と呼ばれる屈折異常眼

「近視」の原因としては、角膜や水晶体による光の屈折率が強すぎることや、眼軸長が長すぎることがあげられます。この屈折異常眼に対して、凹レンズの眼鏡やコンタクトレンズなどを装用することで網膜に焦点を結ばせ、はっきり見えるようにすることを「屈折矯正」と呼びます。

しかし、スポーツをするとき眼鏡は煩わしく、入浴時は外す必要があります。また、コンタクトレンズは装用するのに面倒ですし、購入するたびに費用が掛かります。人によってはドライアイやアレルギーなどで装用できない場合もあります。さまざまな理由から近年、レーザー屈折矯正手術(LASIK、PRKなど)を受ける人が増えてきています。

最先端の屈折矯正手術 フェイキックIOL

強度近視の方や角膜厚の薄い方でも手術を受けることが可能

近視眼を対象とした屈折矯正手術のジャンルの中で、最先端の屈折矯正手術として考えられているフェイキックIOL。角膜を切除することで近視眼を矯正するレーザー屈折矯正手術(LASIK、PRKなど)とは違い、独自に開発した専用のレンズを眼内にインプラントすることで屈折度数を矯正するという画期的な屈折矯正手術です。

レーザー屈折矯正手術では、角膜表面を切除することから近視の度数や角膜厚によっては手術が実施できない場合がありました。フェイキックIOLは角膜表面を切除することなく、眼内にフェイキックIOLをインプラントするため、強度近視の方や角膜厚の薄い方でも手術を受けることが可能です。

ICLとは?

フェイキックIOL「ICL」は、コラマー(Collamer®)という独自に開発した素材から作られています。コラマーはHEMAを主成分とする含水性ポリマーで、コラーゲンを含むことで眼内での生体適合性を向上させています。生体適合性を向上させることで、長期にわたって炎症を抑制し、細胞付着などを防ぎます。
このコラマー素材を用いたフェイキックIOL「ICL」は1997年にCEマークを取得し、2005年には米国FDAより認可を受けています。

「ICL」は日本国内で実施した臨床試験データを元に、2010年2月に厚生労働省より有水晶体後房レンズ(医療機器製造販売承認番号:22200BZY00001000)として承認されました。

ICL症例

症例1―40代女性

2012年5月 の初診時に裸眼視力で両目とも0.03しかなく、近視度数は-10.5
2012年9月 手術
手術して1時間後の視力検査での裸眼視力は右目1.0左目1.5
翌日には両目とも1.5
1か月後は右目1.5左目1.0
その後の定期検診では体調や目の疲れ具合により、1.0~1.5をキープ
2013年7月現在 は老眼が気になるものの右目1.5左目1.0をキープ
本人談「とても快適です。」

症例1―40代女性

2012年5月 の初診時に裸眼視力で両目とも0.03しかなく、近視度数は-10.5
2012年11月 の初診時の視力に裸眼視力で両目とも0.01で、近視度数は右目‐11.5 左目‐12.5
2013年4月 手術
手術して1時間後の視力検査での裸眼視力は右目2.0左目0.3
翌日には右目2.0左目1.5
1か月後は両目とも2.0
その後の定期検診では両目とも1.5~2.0をキープ
2013年9月現在 夜にまぶしさが気になるものの、視力は右目2.0左目1.5